January 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ユダ


04年作品。同型DVカメラによる撮影と同一予算など同じ条件下に、日本映画界を代表する監督と気鋭の新人たちが競い合うユーロスペースのプロジェクト「映画番長」シリーズの「エロス番長」シリーズ作品です。「映画番長」シリーズでは数年前に「ワラ(^o^)番長」シリーズの古澤健監督・脚本「ロスト★マイウェイ」(松重豊出演)を観ましたが、アレックス・コックス作品「レポマン」(僕も大好き♪)へオマージュを捧げたパンクでユル〜イ作品でした(笑)で、瀬々敬久監督の「ユダ」。お話は、ま、それなりに面白かったわけですが、なにが良かったってロケーションの風景がね、すんごくいいのさ。ネットで検索してみたら、切り取る風景のセンスにめっちゃファンが多い監督さんらしい。その気持ち、めっちゃわかります。僕もファンになった。光石研さん以外、監督も役者さんも知らない人ばっかでしたけど、上手い人がいますね。特典での監督インタビューも面白いです♪ぜひぜひ(100914)

シャークトパス


ウィキによると10年放映の米テレビ映画らしい。89分。頭がサメでお尻がタコという生物兵器。なぜにサメとタコという疑問は置いといて容姿を見た感じはなかなか面白い。でも、お話はいつもながらのひな形でつまりません。が、そのつまらん加減が心に余裕のある時は面白いんすけど。でも、ヒロインの女優さんが角度によって綾瀬はるかさんに似てたような。そんで、カメラマンの腕に刻まれたタトゥの模様がけっこういい加減なのが笑える。しかし、アメリカ人ってどんだけサメが好きやねん(笑)(170114)


メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス


どうせつまんないだろうと覚悟して見始めたら、これがなんと最初からシャーク大暴れの大サービスで、飽きずにダレずに面白く見れました。
それにしても、ここでもヒロインの使ってるノートがMacだった。(150402鑑賞)

ダイコンコレ



オブジェ ダイコン

僕のスウィング


ジャズギターっちゅーのかジプシーギターっちゅーのか、とにかくその世界で有名なプレイヤーのギターが聴けます。僕はスキです。でも、あんまりなにがどうって強烈に覚えてません。それが辛いがな。で、あんまりなんも解説せーへんのもなんなんで、ちょっとだけ。夏休みに都会を離れ親戚?の家で過ごす男の子が、可愛い女の子とギターの魅力に出会うひと夏の淡いストーリー。やったかな〜。ちょい違ってるかも。(040426)


シェービングカップ


レトロスタイルなホワイトシェービングカップ。本格的なヒゲ剃りに、インテリアとしても。


ノー・マンズ・ランド


ボスニア紛争の話です。セルビア軍とボスニア軍です。ドッカンドッカンの映画じゃない戦争コメディです。やりきれないラストですが面白いです。国連もジャーナリストもそんなもんなんだろなって思います(笑)製作費を湯水のよーに使った人気俳優多数出演の「ブラックホークダウン」なんかよりず〜〜〜〜っと良いです。ぜひぜひ。(030329)

ミューレスタイロシリーズシェービングキット


スタイロ・シリーズは交換可能なブラシを採用。ハンドル部は斬新なスタイルに仕上げました。光を反射するクロムメッキの表面と最高品質の天然木アフリカンブラック・ウッドとがあいまって手にした人に喜びを与えます。

1234>|next>>
pagetop